イベント告知・報告

[news num="3" cat="papercup" showcat=""]

紙コップのインスタレーション

世界とつながるアートプロジェクト

~子どもたち一万人の紙コップがアートになります!~

普段「飲むため」に使われている紙コップを、積み上げて「紙コップタワー」を作っていきます。

みんなそれぞれのタワーができると、その空間は非日常のアートの世界へ一変します。

空間を創造するインスタレーションアートです。

日常=「ケ」として見たなれていた空間が、非日常(感動)の「ハレ」の場と変わります。 

1.プロジェクトの内容

芸術による教育の会の講師が、幼稚園・保育園・小・中学校・高校・大学・各種団体の施設にて、紙コップのインスタレーションワークショップを実地します。
ワークショップ参加者は、紙コップに絵を描き、その紙コップを積み上げ、紙コップタワーを作ります。

ワークショップの最後には紙コップタワーはくずしますが、絵を描いてもらった紙コップは旅をし、他のワークショップ会場でも紙コップインスタレーション作品の一部となっていきます。
アートを通して、多くの子どもたちがつながっていきます。

ワークショップは、幼稚園や小学校はじめ各所にて行います。
そして2020年東京オリンピックイヤーには、東京都美術館にて、今まで子どもたちに絵を描いてもらった100万個の紙コップで、「100万個紙コップインスタレーション・ワークショップ」を開催します。

 そして2020年オリンピックイヤーには、東京都美術館にて今まで子どもたちに描いてもらった100万個の紙コップで、「100万個紙コップインスタレーション・ワークショップ」を開催します。

2.趣旨

  • みんなで空間を創造する「インスタレーションアート」を体感していただけます。
    普段「飲むため」に使われている紙コップは、1万個積み上げることで、展示空間を一変させます。
    日常=「ケ」として見慣れた空間が、非日常=「ハレ」の場へと変わります。
  • 参加者一人一つの紙コップに「自分の分身」として絵を描いてもらいます。
     分身となった紙コップはその後も旅をし、ほかの子どもたちと出会い、タワーの一部となり、新たなアート空間を作り上げます。

3.効果

参加者の皆様に、紙コップでの「インスタレーションアート」の美しさ・感動を、体感していただけます。

4.費用

35,000円(時間90分~120分 参加者50名の場合)*税別

   *ご参加人数などで費用が異なります。
   *紙コップをご購入の場合は、くり返しインスタレーションをお楽しみいただけます。(2,000個=7,000円*税別)

心理的効果があります

ー創造と破壊と再生ー

創造

紙コップに自分の好きな絵を描いていきます。

その後、紙コップをつんでタワーにしていきます。黙々とつんでいく時には、「作らなきゃ」というプレッシャーではなく心地よい没頭と集中のなかで「創造」する楽しさを味わえます

破壊

タワーができたら皆で鑑賞します。

その後、お片づけの時間です。

それは言葉を変えると「破壊」でもあります。

タワーを壊した時には、残念な気持ちとともに不思議と爽快感もあります。

再生

でも、それだけではお片づけではありません。

破壊したあとの喪失感も残っています。

今度は紙コップを重ねつなげて、長いヘビさんにしていきます。

ここには「再生」する心の動きもあります。

絵を描いた紙コップはお預かりし、世界中を旅し各所のワークショップで活躍します。

2020年、東京美術館にて絵を描いた紙コップ展示&100万個のインスタレーションをおこないます。

*横浜美術大学との連携事業になります。

実績・実施場所

  • • 2015年
    – 4月:フィリピンダバオ市EDAスクールにて
    – 5月:東京都稲城市若葉台小学校
    – 青山学院女子短期大学
    – 6月:多摩美術大学
    – 7月:かおり幼稚園(埼玉県草加市)
    – 7月:キッズポケット(東京都世田谷区)
    – 9月:タイ・コンケーン市の小学校
    – 第79回「新制作展」(国立新美術館)
    – 10月:トキワ松学園小学校
    – 11月:江東区第三砂町小学校

     

    • 2016年
    – TOC保育園(東京都北区)
    – 第80回新制作展(国立新美術館)
    – 花とみどり・いのちと心展(立川昭和記念公園花みどりセンター)
    – 横浜美術大学
    – 第21回キッズ・アート・ギャラリー(入間市)
    – 子ども広場草加おやこ劇場

 

• 2017年
– 造形作家フォーラム(東京都美術館)

– KRUNAこども園(草加市)
– 沖縄県八重瀬町南の駅やえせ

– そごう千葉店 ジュンヌ(千葉県千葉市)
– 花とみどり・いのちと心展(立川昭和記念公園花みどりセンター)
– 台湾台北の中学校
– 江東区第三砂町小学校
– 草加市立西町小学校
– 現在進行形展(ゆう・桜ヶ丘コミュニティーセンター:東京都多摩市)
– 横浜美術大学
「明日への手」美術展(さいたま市、川口市、足立区、横浜市、三鷹市)


• 2018年
– 放課後スクール「モコプラ」(四谷)
– 造形作家フォーラム(東京都美術館)
– 沖縄県八重瀬町新城小学校

 沖縄県八重瀬町南の駅やえせ

 実相寺(埼玉県川口市)

– 飛騨美術館飛騨市文化交流センター(岐阜県飛騨市)

– トキワ松学園小学校(東京都目黒区)

– そごう千葉店 ジュンヌ(千葉県千葉市)

– 廃校芸術祭(山梨県上野原市)

– 江東区第三砂町小学校

– 恵那市三郷小学校(岐阜県恵那市)

– 全日本仏教青年会(總持寺・横浜市)

– 子ども広場草加おやこ劇場

– ふくろうの森保育園(埼玉県鴻巣市)

– 花とみどり・いのちと心展(立川昭和記念公園花みどりセンター)