asu_top



芸術による教育の会
代表取締役 寺尾 憲
「明日への手」美術展は、本年で64回展を迎えます。
昭和29年から続いている「明日への手」美術展は、子どもたちの展覧会としては、他に類のないものであり、内外から注目される日本一の展覧会です。

64回展は、埼玉展(埼玉会館)、武蔵野展(三鷹市芸術文化センター)、川口展(川口リリア)、神奈川前期展、後期展(あざみ野アートフォーラム)、千住展(シアター1010)の5会場6回期に分かれて開催されます。 

今年は、去年からのコロナウイルス感染症の影響で、日本ばかりでなく世界中が大混乱に陥りました。 
まだまだ続くと思われます。先の見通しもたたず、あの不安と混乱が、またいつ起こってくるのか、心配でなりません。
前代未聞 空前絶後の事態に皆さまはそれぞれの立場で、さぞかし疲弊し苦労を強いられたことと思います。皆さまの忍耐とがんばりに心から敬意を表します。

苦しくつらい生活の中で、一風のさわやかな時を、この「明日への手」美術展で過ごしていただけましたら幸いです。
各展覧会場では、できる限りの工夫をして、三密を回避し、コロナの影響を受けないように努力いたします。
そのために、皆さまにはご不自由をおかけすることもあるかと思います。 
ご理解をいただけますようにお願い申し上げます。

明日への手美術展の会場に入ると、実は、とってもにぎやかで、うるさいのです。
何がにぎやかで、うるさいのかというと、子ども達の絵があちこちから語りかけてくるのです。

「私を見て。私はこういう子なの。私は怒っているの。私は幸せうれしいわ!私は燃えているの。 私はくやしいの。 私はこれがしたいの。 私さびしいの。 私はママが好き。 ママどうしてそんなに厳しいの? ママかまってちょうだい。 もっとやさしくして~。 パパ怒らないで。 私って悪い子なのよ、それでも好き?~~~」
お子さんの絵の前で、絵から発せられる声を聴いてください。
「*;@;+ ~・?&% $#!” ****」
「これが私よ。 これでもいいの?」
お父様 お母様は、お子さんの作品から聞こえてくる言葉に、どう答えますか?
心を込めて、「これでいいんだよ! おまえはおまえ 大好きだよ~~」
お子さんの心を思いきりだきしめてあげて下さい。
そして「ぎゅうぎゅう」してあげてください。

芸術による教育の会の展覧会は、お子さんの絵を通して、親子の心の交流を深める場所なのです。

お子さんの自己肯定感が高まる瞬間です!

かつて、お父様お母様が、子どもだったころに、大きくなるために、しかたなく捨ててきてしまった大切な心に、出会えるかもしれません。
それは、とってもなつかしく、純粋で、はかない心です。

その大切だった心が、子どもたちの絵の中に、溶け込んでいます。                 

芸術による教育の会 
代表取締役  寺尾 憲

2021年11月6日(土)7日(日)

埼玉会館
〒330-8518
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4

2021年12月4日(土)5日(日)
三鷹市芸術文化センター
〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14

2021年12月18日(土)19日
川口総合文化センター・リリア
〒332-0015
埼玉県川口市川口3-1-1

前期展2022年1月8日(土)9日(日)
後期展2022年1月15日(土)16日(日)
横浜市民ギャラリーあざみ野
〒225-0012
神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
アートフォーラムあざみ野 内
2022年3月12日(土)13日(日)
シアター1010
〒120-0034
東京都足立区千住3-92
千住ミルディスⅠ番館 11F



【コロナ対策について】
●ご来場の際は、マスク着用のご協力をお願いしております。
●37.5℃以上の発熱やせき・くしゃみなど体調のすぐれないお客さまにおかれましては、ご来場をお控えいただくよう重ねてお願い申し上げます。
●新型コロナ感染拡大防止の取り組みに伴い、前もっての入場制限や、中止・延期等になる場合がございます。最新情報は本会ホームページと各教室会員サイトからお知らせいたしますので、ご確認をお願いいたします。
運営スタッフもマスクの着用をさせて頂きますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
お客さまおよび運営スタッフの健康と安全確保のため、ご理解とご協力のほどお願いいたします。