芸術による教育の会GM屋嘉部正人と三石恒夫が山梨県上野原市にて「紙コップのインスタレーション」を行いました。

10月7日(日)芸術による教育の会GM屋嘉部正人と三石恒夫が山梨県上野原市旧島田中学校にて行われた「廃校芸術祭」において「紙コップのインスタレーション」を行いました。
「廃校芸術祭」は、芸術による教育の会の元教師の清水愛子さんが地元上野原の地域の皆さんとアートを通しての交流を目的に立ち上げました。

「紙コップのインスタレーション」は約100名の皆さんが協力して1万5千個の紙コップを思い想いに積み上げ、一人一つのカップにご自身の思いを絵にしてくれました。

「廃校芸術祭」には、芸術による教育の会教師の下段登も作品を出品しました。

展覧会情報

    作家名 屋嘉部正人

    『「廃校芸術祭」紙コップのインスタレーション』

  • 参加作家 屋嘉部正人、三石恒夫、下段登
  • 展覧会会期 2018年10月6日(土)〜2018年10月7日(日)

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow