GM屋嘉部正人がふくろうの森保育園(鴻巣市)にて「紙コップのインスタレーション」を行いました。

10月29日(月)、埼玉県鴻巣市のふくろうの森保育園にて「紙コップのインスタレーション」を行いました。

約50名の園児と保護者の皆様が集い、保育室の空間を8000個の紙コップを使ってアメージングなインスタレーションを行いました。
通常は広いホールや体育館などスクエアーで何もない空間にインスタレーションを行うのですが、ふくろうの森保育園の保育室の空間がとても素敵だったことと、園児たちにとって最も慣れ親しんだ空間を驚きの空間に作り変えることで最も心に残ると思い、ホールではなく保育室でのインスタレーションを行いました。


遊具や机や椅子は普段は園児たちが使うものです。今日はその上のも紙コップが並べられ、紙コップたちの保育園になったようでした。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow