「 幼児教育 」一覧

絵の具の指導方法1

絵の具の指導方法1

こんにちはつぶつぶ先生です。 美術教室ではどのように絵の具の色混ぜを教えているでしょうか。 大人が子どもにこの色とこの色を混ぜるとこうなるよ~と教える場面があると思うのですが、この教え方はすごくもったいない!と思っています。クイズの答えを先に言われてし...

【課外活動ができる森】都会では味わえない自然での体験。鴻巣アートの森にお越しください!

【課外活動ができる森】都会では味わえない自然での体験。鴻巣アートの森にお越しください!

東京・神奈川・埼玉・千葉で美術教室を運営する「芸術による教育の会」ブログ担当です。   埼玉県鴻巣市にある鴻巣アートの森。 こちらは弊社が運営する、豊かな森と畑に囲まれた古民家です。   自然の中で五感を通じて、生きたものづくり体験や、自然...

散らかすことは実はいいこと。片付けなさいと叱ってしまうあなたへ。

散らかすことは実はいいこと。片付けなさいと叱ってしまうあなたへ。

こんにちは。東京・神奈川・埼玉・千葉で美術教室を運営する「芸術による教育の会」ブログ担当です。 今回も引き続き弊社代表の寺尾に、親御さんがよくお悩みになるテーマについてインタビューしていきたいと思います。   「落ち着きがない」「部屋を散らかす」 ...

NO IMAGE

みんなちがっていい

はじめまして。高柳と申します。 拙い文章ですが、ふと思い出したことがあるのでつらつらと書いてみます。 自分が小学生の頃、あるスポーツメーカーのジャージが同学年のあいだで流行りが出ました。 みんながみんな同じジャージをはいていま...

「働きアリ」と「怠けアリ」と「協調性」と 「独自性」

「働きアリ」と「怠けアリ」と「協調性」と 「独自性」

先日、美術教室でレッスンを終えて外の庭で遊んでいた子どもたちが「先生、せんせい! ものすごいいっぱいアリがいるんだよ!」と呼びに来たので行ってみると、遠目から見てもわかるほどの黒い塊がゆっくりと同じ方向に移動しているのが見えました。どういう理由かはわかりま...

美術を嫌がる子の話

美術を嫌がる子の話

こんにちは。関東圏で100箇所を越える美術教室を運営する「芸術による教育の会」ブログ担当です。   前回の記事「工作が子供に与える効果」に引き続き、弊社の代表であり慶應義塾大学理工学部講師も務める寺尾に、 お父さんお母さんが気になる質問をさらにインタビ...

どうしたら絵を得意にさせることが出来る?

どうしたら絵を得意にさせることが出来る?

絵を描くことに自信を持っている、あるいは 絵を描くことに全く躊躇がない。自信を持ってそう言える人は なかなかいないかもしれません。 美術の先生と呼ばれる仕事をしている私も、人前で絵を描いて見せるような場面では「ほら、よく見ていなさい! 」などと言...

土粘土で子どもの立体感覚を育む!

土粘土で子どもの立体感覚を育む!

こんにちはつぶつぶ先生です! カリキュラム紹介「土粘土」 そもそも粘土は粘度のある土のことを指しますので、土粘土は繰り返しの表現なのですが、美術教室ではわかりやすく陶芸用の粘土や彫塑で扱う土の粘土のことを土粘土と呼んでいます。園児や小学生が使う油粘...