描けない子に【描いてみよう!】では描けない?!

先日幼稚園の先生から、「先生、子どもたちの絵がみんな似てしまうんです。」

なんか、もっと、のびのび楽しく描けないですかね・・?

そんなご相談がありました。

「先生、絵が苦手な子どもたちにどんな課題がいいですかね?」

そんなご相談もありました。


私たちは毎日のように園の先生にお世話になっています。そしていろんな相談を受ける中で、先生たちの役にも立てるような、そんなコンテンツは作れないかしら?とずっと考えてきました。

そしてとうとう生まれたのが、幼稚園・保育園・認定こども園などの先生たちのための絵画・造形指導の課題配信サービス【まな美】です。

【まな美】はかわいい女の子の名前ではなく、美術を学ぼう、のまな美術、という意味から名づけました。

プロの保育者さん向けに、ノウハウだけでなく【本当に造形で大切なこと】を1年毎のプログラム、サービスの中で学んで子どもたちに提供していただく内容になっています。



描きだせない子、どこの園にもいますよね。先生が、【さあ、思い切って描いてみよう!】と声をかけたら?

絶対描けなくなりますね(笑)



私たちは描けない子に描こう、描こう、とは言いません。【描かなくてもいいよ。ゆっくり考えてね。】【先生と遊ぶ?おじゃましま~す。赤クレヨンさんが遊びに来たよ。】などと言いながら子どもたちとあそぶところから始めたり。

教師が70名以上在籍していますので、いろんな引き出しからアプローチを学んでいます。


先生が、【大きく、画面いっぱいに描くんだよ。小さい小さい。このぐらいに、大きく!】と声をかけてみんな同じ絵にならないはずはありませんね。

子どもそれぞれ、ちょうどいい大きさ、ってあるんです。元気いっぱいわんぱくな男の子、1枚では足らずに2枚使って大きな絵を描いています。ちょっと自信のない女の子、画面の下に小さく絵を描いています。それぞれの個性、大事にしたいですよね。

前述した、「似てしまうんです・・・」とおっしゃっていた先生はもしかしたら

いわゆる先生の見本を見せている可能性もありますね。



世の中にはいろいろな方法論があると思いますが、64年の研究と実績、、3600人以上の生徒数を抱える【芸術による教育の会】だから自信を持ってお届けできると思っています。

保育者さんの【今よりもっとよくしたい】に必ず応えます。



少しでも気になった方は、【まな美】の無料体験にGOです。


ご案内はこちら




にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へにほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ
FC2 Blog Ranking

PROFILE

ももこ先生
ももこ先生芸術による教育の会保育事業部長
武蔵野美術大学 油絵科卒
芸術による教育の会教師
子どもたちの面白い、ふしぎな発想が大好きです。美術を通して子どもたちの世界をたくさん知りたいと思っています。