美術を嫌がる子の話

美術を嫌がる子の話

こんにちは。関東圏で100箇所を越える美術教室を運営する「芸術による教育の会」ブログ担当です。   前回の記事「工作が子供に与える効果」に引き続き、弊社の代表であり慶應義塾大学理工学部講師も務める寺尾に、 お父さんお母さんが気になる質問をさらにインタビ...

子供は、大人が思っているよりも忙しい。

子供は、大人が思っているよりも忙しい。

こんにちは。関東圏で100箇所を越える美術教室を運営する「芸術による教育の会」ブログ担当です。弊社はネットで学べる美術教室、どこでもアートを運営しています。全世界どこからでもお子さまの美術の力、発想力、想像力を養うことができます。 今日は1人、私...

どうしたら絵を得意にさせることが出来る?

どうしたら絵を得意にさせることが出来る?

絵を描くことに自信を持っている、あるいは 絵を描くことに全く躊躇がない。自信を持ってそう言える人は なかなかいないかもしれません。 美術の先生と呼ばれる仕事をしている私も、人前で絵を描いて見せるような場面では「ほら、よく見ていなさい! 」などと言...

「集中力」と「ワクワク

「集中力」と「ワクワク

美術教室にお子さんを通わせてくださっている親御さんの中に 「うちの息子は全く落ち着きが無いんですよ・・・  美術で絵を描いたり工作を作ったりしていれば、少しは集中力がつくんじゃないかと思って、、、」 という具合に悩みをお話しされる方がありま...

ものづくりの喜びを知っている子どもの作品1

ものづくりの喜びを知っている子どもの作品1

子どもが夢中になるものは二種類に分けられます。 「与えらえるもの」受動的 or 「自ら作り出すもの」能動的 テレビやYouTubeに子どもは夢中になりますが、これは与えられたものです。 アートは楽しみを自ら作り出し夢中になるものです。(大人の皆さ...

絵がヘタでなにが悪い!

絵がヘタでなにが悪い!

絵がうまく描けなくちゃダメなのかぁ?! ああ、、あのぉ、、開き直っているわけでも、怒っているわけでもありませんので、ご心配なく。 児童画展などでは、観覧者の方が子どもたちの絵を見ながら あちらこちらで感嘆の声をあげていらっしゃいます。 ...

アートの森と竹トンボ

アートの森と竹トンボ

鴻巣アートの森にて8月17、18、19日に美術教室、アトリエトントンの生徒さん保護者の皆さんと初めてのイベントがあり、さわやかな夏の日を過ごしました。子どもたちも保護者の皆さんも森で竹を切ったり、竹の工作を作ったり、かき氷を作って一緒に食べたりと、鴻巣の森での...